忍者ブログ
アイドル・アーティストのCD・DVD紹介サイト
[81] [24] [16] [18] [5] [158]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホールドアップダウン 通常版ホールドアップダウン 通常版
出演:
AMC受託その他メーカー
発売日 2006-04-26




サンタクロースの扮装で銀行を襲撃した木俣と佐川。ふたりは盗んだお金を、ストリートミュージシャンの佐村から盗んだ小銭を使ってコインロッカーに隠すが、ロッカーの鍵は、ふたりを追いかけた沢村の手に渡ってしまう。その彼を木場と星野というふたりの刑事が車ではねた! その後、川に流される沢村を見つけたのは、自殺しようとしていたトラック運転手の平松。彼は流れてくる沢村の姿がキリストにソックリだったため、神様と思い込む。一方、木俣と佐川は逮捕されるが、取調室に来たのは木場と星野だった…。
デビュー作『弾丸ランナー』から、SABU監督の主人公はひたすら走ってきた。それは主人公がアイドルグループ、V6になっても同じ。『ハードラックヒーロー』でも組んだV6ゆえ、彼らの魅力を監督は百も承知! それぞれの個性をいかしつつ、SABUワールドの色を損ねずに、ユーモアと疾走感に溢れたアクションコメディを作り上げた手腕はお見事。ひとつの強盗事件に複雑にからみあう6人もそれぞれ熱演。古田新太、香椎由宇、森本レオ、伊藤歩など、わきをしめる役者陣も豪華で、すみずみまで楽しめる。(斎藤 香)

これこそ娯楽映画!? 2006-08-15
観てて堅苦しくないまさしく娯楽映画だったと思います

V6のメンバーが扮する登場人物も、アクが強いというか個性的というか…



調子のいい銀行強盗

電車好き(マニア?)の銀行強盗

ハンドル握ると性格が豹変するスピード狂の刑事

拳銃を欲しがる悪どい刑事

キリスト教元牧師のデコトラ運転手

「ウホッ」が口癖のキリスト似(!?)のストリートミュージシャン



それぞれのキャラが強くて、皆が皆ほどよくぶっ壊れてます!(笑)



ストーリーもテンポ良くサクサク進んでいき、随所に笑い要素もあり面白い

ただ、終盤での6人によるバトルシーンは流石に唐突で、イマイチ意味が分からないのと必要性が不明。見方によっては強引なオチ方という気がする…


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
フリーエリア